脳の異常について確認

脳ドックの主な検査方法とはどういうものか

人間ドックは、私達の体を精密に検査して、早期に病気を発見できる検査です。体が重篤な状態になることを防ぎ、健康に生活するためにも欠かせないものといえます。人間ドックの中でも、特に脳に特化して検査を行うのが脳ドックと呼ばれるものです。 この脳ドックでは、脳動脈瘤、脳梗塞、脳腫瘍や脳萎縮などの有無を調べることができます。脳の病気というのは発見が遅れると、体に麻痺が残ったり、死に至るケースが多いです。脳ドックは、重篤な脳疾患を未然に防ぐことが可能です。 検査方法は、主にMRIMRAによる検査を行います。これらの検査は、強力な磁気を利用して頭部の断層図を撮影する方法です。検査中はとても大きな音がしますが、まったく痛みはないです。

人間ドックを受ける時に気をつけるべきこと

脳に特化した人間ドックを受ける時には、いくつかの注意点があります。それは、脳の検査では強力な磁場が発生しています。どのくらい強力かというと、テレビや携帯などの電化製品がすぐに壊れるくらいに強力です。ですから、体内にボルトなど金属を埋める手術をした方、心臓にペースメーカーを使用している方は検査を受けることが不可能です。ですから、必ず医師に申告する必要があります。 また、女性の場合、おしゃれとして目にアートメイク、アイシャドウをされる方がいます。これらの成分の中には、微量の金属が含まれています。よって、磁力によって正しく検査できないこともあります。ですから、人間ドックで脳の検査時にはノーメイクで受けるようにしたほうが良いです。