血管の異常

脂質異常症(高脂血症)の症状について

高脂血症は現在、脂質異常症と呼ばれています。 簡単に説明すると、血液がコレステロールや中性脂肪のトリグリセリドなどでドロドロしていて、血管の壁にもアブラがこびりついている状態となる症状です。 さらに、溜まったアブラが血管をの流れを悪くし、血管の柔軟性が失われた状態を動脈硬化といいます。 そうなると、脳梗塞や心筋梗塞のリスクも高まります。 血液の中には、コレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸という4つの脂質が流れています。 コレステロールには善玉(HDL)と悪玉(LDL)があり、善玉は細胞組織の余分なコレステロールを回収し血管を通って肝臓へ運ぶのに対し、悪玉は細胞組織へコレステロール運びます。 この善玉コレステロールが少なくなると、低HDLコレステロール血症、悪玉コレステロールが多いと、高LDLコレステロール血症、さらに、中性脂肪のトリグリセライドが多いと、高トリグリセライド血症という種類の高脂血症になります。 ただ、高脂血症自体の症状は、体内レベルで起こる問題であるため、血液検査などで発見されるまで、気付きにくいものです。

この病気になりやすい人の例

ここで高脂血症になりやすい人の例をあげていきます。 家族性と呼ばれる高脂血症があり、これは、親族で上記の症状や病のあった人がいる場合、遺伝性と生活習慣の類似から高脂血症になりやすいといえます。 また、食生活では、動物性タンパクや糖分の多い食品、脂質の多い食品、アルコールの摂取、コレステロールの高い卵や魚卵、エビなどを食べることが多く、逆に、青魚や大豆製品や胡麻や玉ねぎや緑黄色野菜などを積極的に食べない人がなりやすいと言えます。 その他、運動不足や喫煙もあげられます。 女性ホルモンには高脂血症になるのを防ぐ効果がありますが、閉経後または、若い人でも太りすぎている人や働きすぎて男性ホルモンが優位になっている人、月経不順の症状がある人は注意が必要です。

ピックアップ

コレステロールの抑制

血管内のコレステロールが多くなってしまうと、高脂血症といった症状が現れてしまいます。早期発見が必要であり、早めの対策も大切なので、食生活の見直しやサプリメントの摂取を行いましょう。

詳細を読む

脳の異常について確認

人間ドックを受ける場合は、脳の異常について把握しておくことが大切です。また、脳梗塞の症状が現れてしまってからでは遅いので、早めに受けておくことが重要であると言えます。

めまいや冷えなどといった症状が表れたら自律神経失調症を視野に入れしっかり予防をしておくことが大切です。サプリなども効果がありますよ。

詳細を読む

マスクを着用する

アレルギー性鼻炎の対策として、マスクを着用するという方法があります。花粉が要因であるほど、高い効果を実感することが出来るので、実際に使用しているマスクについて見直しを行いましょう。

詳細を読む

溜め込まない生活

日常的なストレスが蓄積してしまうことによって、自立神経失調症といった疾患を患ってしまうことがあります。交感神経や副交感神経の乱れが原因なので、薬や整体を利用して整えていくようにしましょう。

詳細を読む

花粉の対策を進める

花粉によって鼻炎の症状が起こされてしまうことがたくさんあります。また、耳鼻科によって保険適用内での治療を受けることも可能になっているので、薬を利用して改善を進めて行くようにしましょう。

詳細を読む